はじめまして。㈱漢和塾の代表取締役、小川善久と申します。このたびはJ-Passのホームページへようこそ。私ども漢和塾は、2005年に銀座で産声をあげた会社で、創業以来、中国に進出する日本企業の社員の方に中国語を教える仕事をしている企業研修会社です。大手電機、自動車、食品など多くの上場企業の駐在予定者の方に、仕事の武器の一つとして、日本人の方に中国語の研修を実施してまいりました。当然、優秀な企業戦士の方に語学の手ほどきができる講師はほんの一握り、数千人もの面接を繰り返す中で合格者は5%にも満たない状況ですが、不合格者の8割以上が現役でどこかで中国語を教えている・・これが語学学校の実態でもあり、弊社では少数精鋭ですが、知識、指導力、コミュニケーション力ともに高い講師に厳選してこの11年間、それなりの評価を得て今日まで頑張っております。

が、不合格になった方の中には、正社員希望で、弊社の規模ではご希望に添えない優秀な方も多く、その方々のお仕事を結果的に私が訪問している企業のニーズとマッチすればご紹介すると言ったことも一部始めてはいました。中国ビジネスにおいては、仕事ができることがまず大前提ですが、日本語のできる中国人、中国語ができる日本人の活躍の場所は増えるばかり。貿易商社から中国人観光客向けの販売スタッフなど多岐にわたっております。そのような環境の中で、漢和塾としましては中国語研修事業とは別にJ-Pass事業部を正式に立ち上げた次第です。ただし企業や店舗にご紹介する限りは、皆様の中国語力や日本語力だけではなく、一般教養、国語、作文、算数なども含めたスクリーニングテストを実施しておりまして、ある意味で鑑定書付の人材の方のみ登録いただき、企業様にご紹介させていただくようにしております。

まずは、一度電話にてご連絡ください。どなたでも登録できる人材バンクではありませんので、必ずJ-Passスクリーニングテスト受けていただきます。その上で、皆様のご希望をお聞きし、企業の求人と照らし合わせ、最終的にお仕事をご紹介すると言った流れになります。人材紹介会社は万とありますが、普通は他人様に良かれと思って人材をご紹介し、その方が期待外れだった場合は顔向けもできないのでは?私どもでは「人」「職」の問題は人生の一大事、会社にとっても死活問題と捉え、より慎重に、またその方の素養をできる限り客観化、数値化してお仕事をご紹介していきたいと思います。

また、採用のご担当者の方におかれましては、是非貴社で必要とされる人材要件をお知らせください。弊社で直接人材の派遣やご紹介をさせてもいただきますが、時には他の人材紹介会社からの人材が本当に有能な人材か?ただ学歴を整え日本語がうまいだけの外国人ではないか?それを見極めるスクリーニングテストだけでも実施をしております。また、入社前、あるいは入社後に、日本で働くための注意点、日本人と中国人のビジネス異文化、マナーなどの新入社員研修や日本語のブラッシュアップ研修も実施しております。

《参考》 漢和塾(中国語の企業研修・中国語留学研修)

BrAsia~ブレイジア~(ポルトガル語の企業研修、ブラジル留学研修)